2018.07.23 Monday 16:15

小さなお子様の熱中症対策、常温ドリンク。

熱を下げてあげて、常温のドリンクを摂取させてあげることが、小さなお子さんの熱中症の対策と考えています。

 

 

 

熱中症対策には水分を十分に補給することがまず大事ですが、お年寄りや小さなお子さんは、氷水のような冷たいものだと量を飲めないので、十分な水分補給になっていないことが多いのです。

消化器官は約37度を下回るとうまく機能しないといわれています。

冷えた水などを飲んで胃が冷えると、温度を戻そうと体内の血液や水分が急速に胃の周辺に集まる。もともと猛暑で体は脱水症状ぎみ。それなのに水分や血液が一部の器官に集中することで、さらに脱水症状が進むという。そのうえ脳や心臓、腎臓などで血液が足りなくなると考えられます。
水分を吸収すること自体、体に負荷を与えます。若くて元気な人は冷たいものを飲んでもかまいませんが、高齢者や小さなお子さんなどにとっては15〜20度、ちょうど井戸水くらいが適正な温度です。昔の方に熱中症が少なかったのは、実は井戸水のおかげだったのかもしれませんね。
ご自宅でも参考にしてみて下さい。

(日本薬科大学 丁先生ら)

 

  • - | - | - | - |

2018.07.12 Thursday 09:48

胃がん検診のお知らせ。新しいポスターが完成しました。

胃がん検診は、内視鏡検査をお勧めしています。

 

胃がん検診啓発のポスターが完成しました。

長門市では昨年から内視鏡検査による胃がん検診が始まりました。

従来のバリウム検査に比べ、早期の胃がんの発見率が高く、また、疑わしい病変もその場で組織をとって病理検査に提出することができます。斎木病院でも、やさしい内視鏡検査を行っていますので、この機会に一度ご検討ください。

 

  • - | - | - | - |

2018.04.16 Monday 16:41

病院内、関連施設との新しい連携システム。

NTTの『 Link it 』システムを導入。

 

医療の世界もICTを駆使した診療連携が始まっています。

斎木病院では、NTT docomoのサポートを受けて、病院内と関連施設との情報交換を、より密接に行うためのタブレット端末を使った新しい連携システムを始めました。

 

 

  • - | - | - | - |

2018.03.07 Wednesday 06:11

仙崎のまち、イタリア化計画

新しい地域貢献へ挑戦していきます。

 

1970年代の賑やかだった仙崎のまちがイタリアの漁師町のように見えていたことから、寂しくなっていく町を元気にするために、昨年5月、当院の泰彦院長が「仙崎のまち、イタリア化計画」を考えられました。

下の内容が1日限定で行われます。 

 

グルメ

〇飲食店でイタリアっぽいトマトを用いた一品料理。

〇いずれはギネスに挑戦、巨大パエリア。パエリアをイタリア料理にします!

〇仙崎のかまぼこ,ききかまぼこ大会。ちくわ作り体験。

イタリア風の大人の焼き鳥、小学生のための焼き鳥。                                 

 

芸術

〇仙崎にある殿式侃さんの壁画、みんなの手で守っていこうよ。

〇巨大木製ジクソーパズルを完成させよう。

〇大津あきら、イタリアの音楽を楽しもう。

〇萩焼深川窯 萩焼陶芸 ミニ体験できます。

〇A's  日本最大級、天使の羽、インスタグラムで、仙崎のまちをアップしよう 

〇岡藤功展 仙崎駅前にパネル出現。イタリア気分満喫。あなたも魔女になれる。 

〇明珍宏和 最初の一歩、オペラを身近に感じてみましょう。ハープ演奏もあるよ。 

〇市原淳プロデュース  仙崎駅にイタリア化計画の巨大な旗、登場。   

〇散髪店 イタリアっぽいヘアスタイル、ペイントシールに挑戦。                              

 

まちの風を感じよう

〇一人乗り電気自動車で仙崎をぐるっと回ってみよう。

〇セグエイを自由にのってみよう。

〇イタリアの自転車、気ままに乗ってみようか。

〇長門にもあった「青の洞窟」。

仙崎トレインでGO!仙崎線にサプライズ満載の臨時列車が走ります。                                      

 

スタンプラリー

〇小学生対象  3つ以上のスタンプ集めて、抽選で商品ゲットしよう。  

 

このイベントは小学生の皆さんに、仙崎のまちをもっと好きになってもらうイベントです。

 

地方のイチ内科医師が言いはじめた小さな計画に地域や行政の方々のアイデアやチカラだけでなく、多数の企業とのコラボレーションが加わったインパクトのあるイベントです。新しい地域活性化のモデルケースとして、全国に向けて発信していけたらと思っています。  

 

 

                               

 

 

              

  • - | - | - | - |

2018.03.01 Thursday 00:00

看護補助さん、看護師さん、どんな人にきてほしい?

セカンドチャンス、斎木病院で考えてみませんか?

 

斎木病院では、笑顔で患者さんに接することができる方と一緒に仕事ができることを望んでいます。

 

看護補助

高校卒業したばかりの方でも勤務可能です。医療の世界が初めての方に優しく丁寧に指導します。患者さんの日常生活のサポートが主な仕事です。医療に興味のある方募集しています。

 

外来部門 

外来の雰囲気は、やはりスピード感が求められる部門です。救急部門では内科系疾患の患者さんが多くみられています。救急部門に興味のある方を募集しています。

 

病棟部門(急性期)  

斎木病院の特徴は2交代制です。

急性期病棟の雰囲気は、急性期で入られた患者さん、ご家族への対応が求められる部署です。朝8時過ぎに、先生のモーニングカンファと回診があります。その後も、急変あれば指示を受け対応します。日勤帯で点滴投与や口腔ケアなどの看護サポートしていただける方を募集しているので、多少、他院での経験がある方が望ましいです。

パート希望の方も対応します。まずは、日勤帯を手伝っていただける方を募集しています。

 

病棟部門(療養病棟)

斎木病院の特徴は2交代制です。

療養病棟の雰囲気は、急性期から移動されてこられた比較的病状が安定された方が対象です。朝8時半過ぎに、先生を交えた申し送りがあります。高齢の方が多く、オムツ交換や喀痰吸引、褥瘡対策を行いますが、発熱が起きた場合には療養病棟のセットがあるので、医師に指示を受けます。年齢問わず、70歳までの方を募集しています

 

また、看護部門では准看護婦から正看護師へ向けてのステップアップをサポートするシステムが充実しています。

オーダリングの使い方も丁寧に指導しますので、コンピューターが苦手な方でも大丈夫です。

 

 

 

 

 

  • - | - | - | - |

2018.02.02 Friday 19:22

インフルエンザ感染症の対策のお知らせ

インフルエンザ感染にご注意ください。

 

全国的に猛威をふるっている今年のインフルエンザ感染症。現在、長門市内でも学校、施設などで流行中です。
感染の拡大を防ぐ方法として、マスクの着用はこころがけて下さい。また、アルコール消毒の設置や空気洗浄機だけではなく、加湿器で湿度を40〜60に保つ。こういった方法で封じ込めが出来た医療施設もあるようです。
特に、加湿器でウィルスの苦手な湿度をつくってあげることが、感染を拡大させない新しい方法として注目されています。

  • - | - | - | - |

2018.01.26 Friday 21:00

The country life gives new discoveries.

田舎は面白い。

 

私の友達に、愉快な人間な何人かいまして、そのうちの一人と、先日、「田舎は面白い」っていう言葉を英語に訳したら、どうなるだろうか?と話していました。ストレートに訳すと、country is  interesting だったりするんでしょうが、それだと味気がないなと、その友達といろいろ悩んだところ、一つの言葉にたどり着きました。

 

The country life gives new discoveries.

田舎の生活は新しい発見を与えてくれる。

 

これが、一番すっきりしました。もちろん、人それぞれ、捉え方は違うでしょうが、この長門の生活を肯定的に、前向きに捉えるにはもってこいの言葉だと思いました。人の評価はわかりませんが、この言葉をもとに、色々動き出したところ、多くの新しい発見が舞い込んできました。

何事もそうですが、この医療資源過疎地域の現状も否定的に捉えるのではなく、肯定的に、前向きに捉えると、何か素敵な発見が待っているのではと思っています。

  • - | - | - | - |

2018.01.14 Sunday 23:54

外来での小話。

ネクタイ。

 

先日、久し振りにクリーニング帰りのパリッとしたネクタイをつけて見たくなった。その日、外来でただ一人、僕のそのネクタイを褒めてくれた女性がいた。

1年前から難病があるが、薬でコントロール出来ていた患者さんだ。2週間前、その女性から、「子どもたちがどうしても専門医に診てもらえっていうから、先生ごめんなさいね」と、専門病院へのセカンドオピニオンを希望され、来院された。もちろん、医師として、自分の出来る範囲で治療を行い、患者・家族が希望されれば、他院への紹介状を、早急に情報提供書として記載することにしている。
 

ほんの1週間前に、彼女が受診した病院の担当医から手紙が届いていた。1週間の間に、計9回のさまざまな精密検査を行い、検査の結果、今後の治療は当院ではなく、他院で治療をさせるとの報告だった。治療そのものは、当院でも継続可能と思ったが、本人・家族が希望されるのであれば、それは仕方ないのかもと思っていた。

 

そんな気分のまま、迎えた月曜日、朝7時の救急患者の対応から始まり、午前の外来は長引き、午後1時を過ぎようとしていたころ、1冊のカルテに目が止まった。他院での治療をすすめられていた、あの彼女のカルテだ。順番が来て、診察室に呼び込み、少しおそるおそる尋ねてみた。

 

「この前の病院で診てくれた先生がね、あそこの別の病院で診るようにって、何回も書かれた手紙を受け取ったけど、ええんかね? お子さんたちも大丈夫なん?」
「あたしは、ここの病院がええんやから、ええんです。それより、まあ、先生、今日のネクタイ素敵! ビシッと決まってて。」
「このネクタイ、褒めてくれたんは、○○さんがはじめてよ。○○さんに、褒めてもらえたから、もうこのネクタイは、もうはずしてもええよね。」

お互い、笑いながら、いつもの診療が終わった。

  • - | - | - | - |

2018.01.12 Friday 18:43

当院の名称を騙った詐欺にご注意ください。

当院に在籍していないにもかかわらず、当院の名称を騙り、当院の名称を記載した名刺を用いている者がいる、との情報が寄せられました。当院の名称を騙る者より、お心当たりのない連絡や接触を受けた場合、十分に相手の身元を確認して、ご注意のうえ、ご対応ください。

また、役職名を騙った名刺を配布しているとの情報も入っています。

万が一、当院の名称等を騙った不審な連絡を受けた場合、または、不審な者と接触した場合には、お手数ですが、斎木病院 事務長まで、お知らせ下さいますようお願い申し上げます。

 

斎木病院 院長 齋木泰彦(さいき やすひこ)

 

  • - | - | - | - |

2017.08.21 Monday 12:19

やまぐち地域医療セミナー

長門市でのやまぐち地域医療セミナー開催。

 

将来、山口県での医療を希望されている医学部生、看護学生を対象とした研修がここ長門市で開催されました。

この研修は、地域医療を体験し、地域の生活環境を実感することで、地域医療のわかる医療人を育成することが目的です。

斎木病院では、医学部生2名、看護学生1名を受け入れました。

モーニングカンファレンス、内科ラウンドに帯同していただき、その後は外来診療の見学などをしてもらいました。お話しすることが大好きなあたたかな患者さんにも、長門の医療についてのインタビューもされていました。

また、斎木病院の新しい専用カーにも乗車してもらい、救急医療だけではない、病院と地域との新しい繋がりについても考えてもらいました。

今回参加された志の高い意欲にあふれた皆さんと、将来、Face to Faceの連携をして、地域医療をしっかりと守っていければと思っています。

 

 

 

  • - | - | - | - |

<<new | 1 / 5pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
医療法人生山会 斎木病院
医療法人生山会 俵山病院
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.