2015.11.29 Sunday 15:00

いまの時代に求められる温泉と医療

温泉と医療を考える。温泉気候物理医学会の地方会を開催。
 

11月29日、市内 湯本温泉にて、斎木病院 齋木泰彦院長による、温泉に関した研修会が開催されました。
温泉専門医の資格は山口県内で2名だけあり、そのうちの1名が当院の院長となっていることもあって、このたび、温泉気候物理医学会からのご指名がありました。斎木病院の関連施設、俵山病院には独自の泉源があり、入院患者を対象に温泉リハビリに取り組んでいることもあって、俵山を含めた長門の5つ温泉の魅力を全国に発信するいい機会になればと考えられ、引き受けられました。
当日は、遠くは秋田や東京から温泉の専門医を目指す先生方、市民のみなさまに多数お集まり頂き、立ち見も出る程の盛会で、特別講演として、松陰神社の上田宮司からの楽しいご講演もあり、非常に有意義な時間となりました。
 
斎木泰彦(生山会斎木病院院長)  

「時代にあわせた、新しい温泉医療について」
那須野友規子(ゆきこクリニック院長) 

「女性の視点からみた温泉医療について」     

 

(特別講演)

上田俊成(松陰神社 宮司)  

「吉田松陰と幕末の志士たち」

 

  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
医療法人生山会 斎木病院
医療法人生山会 俵山病院
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.