2019.01.04 Friday 09:00

眠った状態での内視鏡検査のお知らせ。

 

 

眠った状態での安全な内視鏡も行っています。

 

食生活の変化に伴い、胃、食道、大腸のがんによる罹患率、死亡率が年々増加している。

(※ 2016.   日本がん登録協議会 調べ)

当院では、早期発見を目的とした内視鏡検査によりご協力いただけるよう、催眠鎮静剤を使用した内視鏡検査も実施している。特に、これまで内視鏡で嘔吐や吐き気が続き、検査困難だった方に検討していただきたい。

催眠鎮静剤の内視鏡検査は、胃、大腸どちらも可能。

胃内視鏡は当日絶食で来られた方が対象。

大腸内視鏡は、事前に一度来院して頂き、検査食、検査前の薬をお渡ししている。

(血液サラサラと言われる抗凝固薬、抗血小板薬を内服されている患者様は事前にご相談を。)

検査後は、別室でモニター管理のもとでベッド上安静となる。

ただし、検査された方は、お帰りの車運転はご遠慮してほしい。

 

通常の内視鏡検査も随時外来受付、および電話 ( 26ー1211 内科外来) 等で受け付けている

 

 

  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
医療法人生山会 斎木病院
医療法人生山会 俵山病院
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.