2019.05.01 Wednesday 14:22

新しい時代の幕開け、令和。

 

 

皆様、本日は誠におめでとうございます。

 

今日から新しい時代が幕開けをします。令和です。
令和の語源とされる万葉集の有名な歌人の一人に、柿本人麻呂という歌人がいます。彼はこの山陰地方にゆかりのある人物とされています。実は長門にも柿本人麻呂の伝説が多く残されており、元乃隅神社で有名となった油谷にある「人丸」という地名もそのひとつだそうです。
人丸神社は、元は柿本神社と呼ばれており、神社の境内には、「むかつくの奥の入江のさざなみに海苔かく海女の袖にぬれつつ」
という、この地の風景を深く愛され詠まれたという歌の石碑が置かれています。この歌は、地元の方々にも愛され、子供達は幼いころからこの歌を一緒に詠んでいたようです。

 

さて、本日、元号が変わります。
元号や天皇という一つの区切りと、私たちの中で共に変わっていくものは、どういったものがあるでしょうか。
様々あるでしょうが、変わっていくものの一つが、その時の世界の大きさではないかと思います。
自分を取り巻く世界、地理的な大きさです。

 

初代の天皇は神武天皇です。南国宮崎から瀬戸内海を東に進み大阪に上陸されたとされ、その後、奈良の大和地方を治められました。
つまり、その時代、日本のほんのわずかな地域だけが国としての始まりで、その限られた範囲がその時の世界の大きさでした。
そこから、時代とともに広がりを持ち、日本全体が一つの国となしたのが江戸時代です。
その江戸時代でも、ごく一部を除いて外国に目を向けることは許されず、そこに住む人の世界は日本の中だけに限られました。それから、時代は明治、大正、昭和、そして平成へと移り変わります。

 

平成では、携帯電話、インターネットの普及により、ニュースや動画は一瞬にして地球の裏側にいるだれかの手元のスマートフォンの中に容易に飛び込んできます。また、行ったこともない地域でもGoogleマップで旅行をした気分を味わうことができ、まさに国と国の境という概念すらわからなくなる、ボーダーレスの時代となりました。

さて、このボーダーレスを迎えた時代では、情報は誰しもがもてる共通の認識となり、そこでは、他人との差がほとんど無くなります。


ならば、これからの令和の時代では、私たちはどんな生き方をしていけばいいんでしょうか。

それは、変わっていくものの中で変わらないものを大事に守っていくことだと思っています。

 

変わらないもの、それは、「自分らしさ」と「思い」の二つだと考えます。

 

多様性の時代の中で、大切にされるものは、その人の人間性です。
自分らしさを大事にし、自分にしかないものに価値を見つけていくことです。
人よりちょっとだけ早起き、ちょっとだけ力持ち、ちょっとだけ踊りがうまい、ちょっとだけ美味しいものが作れる、なんでもいいんです。人とは違う価値を自分自身で見付け出し、それを大切にし、育てていくことです。

 

本日、天皇、皇后として即位される皇太子殿下、雅子さまのお二人も、幼い頃から日本を離れ、外国に身を置き、そこでご自身や日本の立ち位置、「自分らしさ、日本らしさ」について考えておられたようです。

 

そして、もう一つは「思い」です。
兄弟、友人、家族を大事にする思い。
職場の仲間など、自分と接する多くの方を大事にする思い。
どなたかが考えたイタリア化計画という、田舎だけど、この地域を守っていこうという思いなど。
「思い」には強い力があります。

この思いは、人だけが持つもので、情報や記録を操る機械には持ち得ません。
思いを大切に未来に向けて届けていくためには、色あせることないよう伝える努力をすることです。それは、どんな手段でも構いません。ただし、言葉を丁寧に選んでいく必要はあります。

 

令和の語源となった万葉集の梅の歌にも、実はこの思いが多く込められ、いまの時代に届いたのだと思っています。
 

さて、万葉集には有名な歌人とともに、詠み人知らずという無名の方々の歌も多く収められています。私もいつか、どなたかが思いがこもったこの歌を取り上げ、未来の元号となってくれることを期待しつつ、一句読ませていただきたいと思います。

 

「美しい 令和の始まり 藤の花 長門の地から 思い広がる」

 

令和という時代が明るく、平穏で希望に満ち、皆様におかれましても、幸せな時代となりますことを祈念しております。本日は誠におめでとうございます。

 

令和元年5月1日

 

斎木病院 院長 齋木泰彦

 

  • - | - | - | - |

 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
医療法人生山会 斎木病院
医療法人生山会 俵山病院
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.